事務所の移転は見積をとって比較します

事務所の移転では引越し作業や壁紙、間仕切り、パーティション、造作、OAフロア、LANの構築やサーバー設置、照明器の具取り付け、エアコンやOA機器の設置といった色々な作業がかかって来ます。しかしこれらの内容を別々の会社に頼むと煩雑になって効率的にことが運ぶとも限りません。そして会社によっては品質や態度にも違いがあって掴みにくい面があります。独立してやって行きたにので初期費用をなるべく抑えたい場合もあります。流れとしては現状を把握してもらうところから始まり移転後の姿が具体的に描ければよいものです。場合によっては計画を立ててもらう場合や防音に配慮した作りにしてもらいたい場合もあります。こういう場合にはその専門業者がどれぐらいの費用でやってもらえるか相場を掴むためにも無料の見積を出してもらうのが効率的です。

事務所移転までの流れの概要については

事務所移転は問い合わせや相談から始まることになります。これについては担当者が訪問して聞き取り調査を行い内容を伺います。その内容に沿ってご要望を取り入れたプランが作成されて話を進めます。新規の事務所の下見を行い図面を預かってレイアウトの作成を行います。そして最終案に従って見積額を算出します。フィードバックを繰り返しながら双方が合意に至ったら契約への運びとなります。各部署がサービスの手配を行い移転にあたっての事前説明を行います。それから時間のかかる内装工事や電話・ネット関係から手配が行われオフィス家具やOA機器等の内容を最終的に決定します。引越しにあたっては養生等をしっかりと行い、細心の注意を払いながら引越し作業に取り掛かります。そしてその後は機器の不具合などないか点検作業を行います。

知っておくと良い情報としてはどういうことがあるか

色々なものをインターネットを通じて購入するという方法もとれますが、事務所移転には向かないとも言えます。単品の発注は前払いが原則であったり工事も絡んできますのでトラブルが発生することも多くありお勧めできません。この場合キャビネットやパーティションその他の家具も短期納期でしかも割安で用意できるところがありますのでそのほうが確実で安心できます。電話やインターネットに関してもトラブルが発生することが多いもので、書類も色々と多く必要になりますから文書にして残して行くようにしたいものです。引越し中のモノの破損はよく起きるとされていますので保険に入っているかどうかは確認しておいたほうが良いと言われています。疑問な点はよく控えておいて電話で良く確かめておくことが大切です。